風邪による関節痛がおきる原因と対処法

風邪をひいたら、咳や鼻水、頭痛、熱などの症状と共に、関節に痛みを感じることがありますよね。
そんな風邪による節々の痛みの原因は、実はPGE2により引き起こされるものということが分かっています。

体がウイルスに感染した際、体を守ろうとして白血球から分泌されるサイトカインという物質が分泌されるのですが、中にはこの成分が過剰分泌になってしまうことがあります。
そんな過剰分泌が起こると、健康な臓器にも悪影響を及ぼしてしまう恐れがあるのです。

そのため、そんなサイトカインという物質が過剰分泌するのを防ぐために、この物質が生成されるのを抑制するのがPGE2という物質になります。

そんな大切な役割を担っているPGE2ではありますが、これは関節の痛み、熱などを引き起こす原因になってしまうというデメリットも持っています。
つまり、風邪をひいた時に関節痛が生じるのは、このような体の働きが正常に行われているからこそ、なのですね。

では、風邪で節々の痛みを強く感じてしまう時には、どう対処すれば良いのか、悩んでしまうところですね。
一般的な関節痛の薬として知られているものは、基本的に関節痛の原因になる、年齢と共に不足する成分を補うタイプのものになります。

ですが風邪による節々の痛みは、こういった関節痛とは全く違った種類のものになりますので、関節痛の薬はあまり意味がないと言えるでしょう。
ではどうすれば良いのか、これは、まずできるだけ早く風邪を治すことこそが最善の対策となります。

安静にして、できるだけゆっくり眠り、風邪を早く治してしまいましょう。
もし、節々の痛みがひどくてゆっくり眠ることさえ難しいという場合には、風邪薬などを服用すると良いでしょう。
風邪薬にも鎮痛成分が配合されていますので、節々の痛みを和らげてくれる効果も期待できます。

風邪による節々の痛みには、慢性的な関節痛とは違った原因がありますので、対処法も原因に合わせたものにしていくことが大切ですね。