風邪やインフルエンザで関節痛になる原因と対処法

風邪やインフルエンザになると、無性に体の節々が痛むことがあります。
これは、年齢と共に起こりやすくなる、軟骨のすり減りによる関節痛などとは全く違ったものです。

ではなぜ、風邪やインフルエンザで関節痛が起こってしまうのか、その原因ですが、これは実はウイルスによるものではありません。
「ウイルスが関節にまで悪さをしているのでは?」と考えてしまう方が多いのですが、これは大きな間違いなのです。

風邪やインフルエンザで起こる関節痛の原因は、人が自らの体内に持っている免疫細胞が関係しています。
風邪、インフルエンザにかかると、この原因であるウイルスをやっつけるために、体の中で免疫細胞が活発に働きはじめます。

そうして免疫細胞が活動した結果、サイトカンと言われる物質が作られるのですが、これは過剰分泌すると困る物質ですので、同時に分泌を抑制するためにプロスタグランジンと言われる物質も生成されます。

人間の体は、とてもよくできていますね。
ただ、このプロスタグランジンという物質は、関節痛や筋肉痛といった体の痛みをもたらしてしまうという側面を持っています。
つまり風邪やインフルエンザによる関節痛は、体がウイルスと必死で戦っているからこそ起こるものと言えるのです。

この症状に対策するためには、風邪やインフルエンザをできるだけ早く治すよう、安静にしたり、病院で治療を受けることです。
風邪やインフルエンザが治癒すれば痛みも治まります。

痛みがひどくて安静にすることさえ難しいのであれば、鎮痛剤などを使用してみましょう。
もし、風邪やインフルエンザが完治しても関節痛だけが残る場合、他の病気が隠されている恐れもあるので、病院で相談してみてください。